シャンプーによる炎症

頭が痒い、湿疹ができたなど頭皮に炎症の症状が現れた場合、シャンプーが原因であることがあります。
頭皮の炎症はシャンプー以外にも外傷や熱傷、アレルギーにより引き起こされるため、原因をしっかりと突き止めることが重要となります。
なお、頭皮の炎症の種類は主に4つあります。

一つ目は「接触皮膚炎」です。
接触皮膚炎とは、頭皮が刺激物と接触することで起きる炎症のことです。
主な原因としてシャンプーやトリートメントの濯ぎ残しや、パーマやカラーリングの薬剤があげられます。
二つ目は「脂漏性皮膚炎」です。
脂漏性皮膚炎とは、皮膚に常在しているマラセチアというカビにより起きる炎症のことです。
マラセチアは皮脂を好み、免疫力が低下している時や皮脂の分泌量が多いと増殖し、皮膚に炎症を起こします。
また炎症が酷くなると皮膚が剥がれ落ち、さらに皮脂が過剰分泌されるため、悪循環に陥ります。
マラセチアが原因となる脂漏性皮膚炎ですが、頭皮にはマラセチア以外の菌も在住しており、そういった菌が原因で炎症を起こす場合もあります。
三つ目は「アトピー性皮膚炎」です。
アトピー性皮膚炎は体質的な原因が大きく、慢性的に炎症が続くため、皮膚科での治療が必要となります。
アレルギーによる炎症も、アトピー性皮膚炎の場合が多いです。
四つ目は「環境が引き起こす皮膚炎」です。
環境が引き起こす皮膚炎の原因としては、温度や湿度、光などがあげられます。
代表的なものとして、紫外線が原因の炎症や、寒冷が原因による乾燥によって引き起こされる炎症などがあります。

これらの炎症は、シャンプーの選び方やしっかりとしたシャンプー方法やによって防げるものもあります。
炎症が起きてしまった場合は何が原因なのか確かめ、それに見合った対策をとるようにしましょう。
当サイトではシャンプーによるトラブルの代表例である「朝シャンと夜シャン」や、解決法として「マッサージシャンプー」をご紹介します。



*管理人推奨外部リンク*
髪と頭皮に栄養を補給する「アルガンオイル」を配合したシャンプーです … シャンプー アルガンオイル

Copyright © 2014 シャンプーによるトラブルと解決法 All Rights Reserved.